判例タイムズ

最も長い歴史をもつ判例実務誌

表紙画像

判例タイムズ No.904


  • <民訴法論点ノ-ト17>請求異議訴訟の異型

    中野貞一郎   

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:4
  • 高木新二郎   

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:10
  • 刑の量定及び無罪事例の実情2-業務上過失致死傷事件について

    奥林潔   

    引用形式で表示 総ページ数:21 開始ページ位置:19
  • <人身賠償・補償研究54>1 平成7年の民事27部の交通事件判例の動向

    南敏文   

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:40
  • <人身賠償・補償研究54>2 労災保険金等の損害填補性について

    竹内純一   

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:43
  • <人身賠償・補償研究54>3 損害賠償額からの遺族年金の控除-最大判平5・3・24

    渡邉和義   

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:48
  • <倒産実務上の問題点-法改正に向けて11>再建計画

    柴田龍彦   

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:52
  • 最高二小平8.2.23判決

    《解  説》
     一 Xは、弁当の製造販売会社Yに勤務していたが、弁当箱洗浄機を使っての作業中、右機械に右手指を挟まれて負傷し、右手示指・中指の用廃等の後遺障害を負った。
     Xは、Yが機械に事故防止のための装置を設置しなかったこと及び異物を取り出す際には必ず機械を停止させるよう指導を徹底しなかっ...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:57
  • 最高三小平8.2.13決定

    《解  説》
     一 本件は、刃物の製作・販売業を営む被告人が、包丁儀式に使用するものとして製作、所持していた刃物が、銃刀法三条一項により所持が禁止された「刀」に当たるとされた事案であり、本誌八三一号二四八頁、八七一号二四頁に評釈等が紹介された東京高裁平5・6・4判決(高刑集四六巻二号一五五頁)...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:61
  • 1 府知事の交際費に関する文書の一部を非公開とした決定のうち、取引業者名が記載されているものを非公開とした部分が取り消された事例
    (京都地裁平7・10・27判決)

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:65
  • 《解  説》
     Xは、京都府に事務所を有する法人格のない社団であるが、平成二年八月九日、Y知事に対し、平成元年度秘書課所管に係る食料費のうち、接待待遇に係る支出の年月日、金額、目的、支出先の分かる公文書の公開を求めた。Yは、同月二三日、元年度の「外国賓客等渉外経費に係る支出票」がその文書である...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:72
  • 《解  説》
     Xは、T拘置所に昭和五〇年七月から未決勾留により、同六二年四月からは死刑判決確定者として拘禁されているものであるが、下記①ないし⑩の拘置所長の各措置及びK区選挙管理委員会の⑪の措置がそれぞれ違法であるとして国Yに対し総額三二四万円の損害賠償を求めた。
     ① Xが閲読する新聞記事...

    引用形式で表示 総ページ数:33 開始ページ位置:78
  • 《解  説》
     一 事案の概要
     大阪府立高校の教諭である原告A及び実習助手である原告Bらは、同高校の平成二年度卒業式当日、同校玄関前のポールに日の丸を掲揚しようとした同校長甲の行為を妨害し、また、平成三年度の入学式当日、右ポールに掲揚された日の丸を引き下ろす等の行為をしたとして、訓告の制裁を...

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:110
  • 《解  説》
     一 労働者災害補償保険法(以下「労災法」という)に基づく業務災害の療養としてなされた鍼灸治療の費用の支給(療養補償給付)については、昭和五七年五月三一日基発第三七五号労働省労働基準局長通達「労災保険における『はり・きゅう及びマッサージ』の施術に係る保険給付の取扱いについて」及び...

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:119
  • 《解  説》
     一 X、Yは元夫婦であったが、Y(妻)は、X(夫)が妻子に対する暴力を加えるなどしたため、昭和五三年五月当時七歳の長女を含む子供三人を連れて家を出たが、その後、Xが婚姻費用の負担を拒み、Yが起こした離婚訴訟の判決でXに対し財産分与と慰謝料の合計四五〇万円の支払いを命ずる判決(本...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:130
  • 《解  説》
     Xは弁護士であるが、Aの長女BからAに対する不動産の真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記手続請求事件(後にXら二名が承継した)及び三女CからAの遺言による相続人であるYら二名に対する同一不動産の持分確認請求事件の全審級の訴訟委任を受け、Xの訴訟活動の結果、Yらのほぼ全...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:134
  • 《解  説》
     Aは平成元年一二月九日に死亡し、相続人として子ら九名(代襲相続人を含む)がいたが、二女Bのみに遺産の全部を相続させるとの遺言が存在した。Bは、相続税の申告と延納許可申請手続をC税理士に委任し、税務署長から延納許可を得ていた。しかし、長女X1、五男X2、六男X3の希望により遺産分...

    引用形式で表示 総ページ数:13 開始ページ位置:140
  • 《解  説》
     一 本件の事案は概略次のとおりである。
     本件は、AのYに対する建築工事下請負代金債権(本件請負代金債権)の一部(本件譲受債権)の履行を求めた事件である。Yは、本件譲受債権には譲渡禁止特約が存在し、金融業者であるXは、日常の業務から、必要な調査を行えば右特約の存在を容易に知るこ...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:152
  • 《解  説》
     Xは昭和六一年一〇月ころ、Aからビルディングの一部を賃借したが、その際、敷金として賃料の六か月分、保証金として賃料の二〇か月分をAに支払った。敷金については、明渡しの一か月後に返還し、保証金については、一〇年間無利息で据え置かれ、一一年目から一〇分の一ずつ返還するものとの約定で...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:156
  • 《解  説》
     XはM市長を辞職し、I県知事選に立候補した。投票の前日に配布されたY発行の日刊紙上に「清水建設」との横書の見出しの下に、白抜きで「大型受注相次ぎ失敗」と縦書きの大見出しがあり、その左に「88年、水戸芸術館も 窮状打破へ贈賄?」と縦書の中見出しが配置され、記事中には、清水建設が水...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:159
  • 《解  説》
     一 本件の事案の概要は以下のとおりである。
     昭和六三年一一月二〇日、日本青年館大ホールで、ロック歌手のヒロコのコンサートが行われることになり、アメリカ人のベースギター奏者であるXが、右コンサートのバックバンドのメンバーとして来日した。Y1は、ヒロコの母が代表者を務める会社、Y...

    引用形式で表示 総ページ数:12 開始ページ位置:166
  • 《解  説》
     一 本件は、Y1運転の車両とY2運転の車両が衝突し、Y1の同僚でY1車両に同乗していた通勤途上のXが、本件事故により受傷し、後遺障害別等級表一級三号の後遺障害が残ったとして、Y1、Y2及びその各任意保険会社に対して逸失利益等の損害賠償請求をした事案である。
     これに対して、Y1...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:177
  • 《解  説》
     一 事案は平成四年一二月二二日東京都杉並区善福寺先交差点での普通乗用車同士の衝突による死亡事故である。相続人である子供二人からの計三九三四万五五一四円及び損害金の支払請求に対して、裁判所は、三七一〇万二七〇三円の損害額を認定し、二割の過失相殺とか自賠責保険による填補とかをして結...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:184
  • 《解  説》
     Y1はXの居住する家の隣地において闘犬(アメリカンピット・ブルテリア種)五頭を飼育していたが、Xは右犬の吠える声による騒音にかねてから苦情を述べていた。Y1が代表者であるY2社は、騒音対策として高さ五、四メートルの工作物(スチール製パイプの組足場に塩化ビニール鋼板に発泡スチロー...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:188
  • 《解  説》
     X1の夫で、X2らの父であるAは、平成元年八月一八日、Yの経営する病院に入院していたところ、同月二一日午前二時三〇分ころ、三階の集中治療室の窓から一階の庇を経て地上に転落し、死亡した。Xらは、Aが脳出血により見当識を失い、不穏行動が見られたから、医師や看護婦らは充分にAを監視す...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:193
  • 《解  説》
     一 A信用組合の組合員であるXが、同信用組合のB社等に対する融資に関し、当時の担当理事であったY1(現在は代表理事)及び代表理事であった亡Cの遺族であるY2~Y5に対して理事の損害賠償責任(中小企業等協同組合法三八条)を追及して提起した代表訴訟において、A信用組合が、被告Y1ら...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:198
  • 《解  説》
     一 X1とX2は元夫婦であり、Yとの間でその製品の販売活動につき財産的価値のある一定の契約上の地位を共同名義で有していた(ディストリビューター契約)。ところが、X1とX2は離婚し、X2はX1に対し離婚に伴う夫婦の共有財産の所有権移転等を求める訴訟を提起し、アメリカ合衆国バージニ...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:202
  • 《解  説》
     Aは労災事故で死亡したため、Aの相続人であるY1ないしY3は、Xに対し損害賠償請求訴訟を提起し、同訴訟においてその控訴審判決が確定したが、その主文は、「XはY1に対し一二九八万二二一八円及びこれに対する平成四年一一月二五日から支払済まで年五分の割合による金員を支払え。XはY2、...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:209
  • 《解  説》
     一 本件は、いわゆる国際航業業務上横領事件の控訴審判決である。事案の内容は、国際航業の経理部部長と経理部次長である被告人A及びBが、同社の株の買い占めを図っていたK側に対抗するため、政治団体代表S及びMに株買い占めの妨害を依頼し、その工作資金及び報酬等に当てるため、同社の現金合...

    引用形式で表示 総ページ数:18 開始ページ位置:216
  • 《解  説》
     一 本件の被告人は、被告会社の昭和六一年九月期の法人税の確定申告書に、虚偽過少の所得金額を記載した上、その虚偽過少の申告所得金額を基礎にして算出される正しい税額(A)よりもさらに過少な税額(B)を記載した。その理由は、本判決及び原判決によるも不明であるが、おそらく計算違い等のミ...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:233
  • 名古屋地平8.3.25判決

    《解  説》
     一 Xらは、いずれも愛知県の住民である弁護士であるが、愛知県は、平成五年四月、八一名の愛知県議会議員に対し、県外旅行の事実がないのに県外旅行をしたとして旅費を支給したのは違法であり、愛知県議会事務局長の職にあったY3は、知事から委任されて右議員に対し旅費を支給する権限を有する者...

    引用形式で表示 総ページ数:15 開始ページ位置:241
判例タイムズ No.904 では
全31件のコンテンツを購入可能です
バックナンバー