判例タイムズ

最も長い歴史をもつ判例実務誌

表紙画像

判例タイムズ No.1324


  • 動産売買先取特権と動産競売開始許可の裁判(下)動産競売開始許可の裁判の創設による裁判実務と理論の融合

    園尾隆司   

    引用形式で表示 総ページ数:17 開始ページ位置:5
  • 裁判所と日弁連知的財産センタ-との意見交換会(平成21年度)

    引用形式で表示 総ページ数:24 開始ページ位置:22
  • 知財高裁における最近の審理と裁判例等について

    中平健   

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:46
  • 統計数字等に基づく東京地裁知財部の実情について

    清水節   

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:52
  • 東京地裁労働部の事件概況

    松田典浩   

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:61
  • いじめをめぐる裁判例と問題点

    蛭田振一郎    中村心   

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:68
  • 第三小法廷平22.7.6判決

    [解 説]
     1 事案の概要
     本件は,年金払特約付き生命保険契約の被保険者兼保険料負担者であった夫の死亡により,保険会社から保険金としての年金の支払を受けたXが,税務署長からその年金に対して所得税を課す旨の更正処分を受けたため,当該年金は相続税法3条1項1号のみなし相続財産として所得税法9条...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:78
  • 福岡高那覇支平22.3.19決定

    [解 説]
     1 事案の概要
     X(相手方・原審申立人)は,清掃員として稼働するなどしていたところ,怪我による入院後,働けなくなり,平成8年6月から生活保護が開始され,生活扶助,住宅扶助及び医療扶助を受給していたが,かかる生活保護受給中,年金担保貸付を受ける,家賃を滞納する,金銭の借入れやその...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:84
  • 第三小法廷平22.3.16決定

    [解 説]
     1 本件は,被告人が,被告人方に住まわせていた被害児童に対する傷害罪,被害児童に淫行をさせたという児童淫行罪,その姿態を撮影した画像により児童ポルノを製造した児童ポルノ製造罪という事案である。
     1審においては事実関係に争いがなく,1審判決は被告人を懲役3年6月に処した。被告人は...

    引用形式で表示 総ページ数:2 開始ページ位置:92
  • 大阪高平21.12.28判決

    [解 説]
     1 本判決の概要
     (1)本件は,平成21年8月に行われた衆議院選挙の小選挙区(本件選挙)の無効を求めた事案であり,本判決は,無効請求は棄却したが,いわゆる一票の較差が2倍を超える状態を違憲と判断し,主文で違法を宣言した。この問題には,複数の先例があるが,一票の較差が何倍であれば...

    引用形式で表示 総ページ数:13 開始ページ位置:94
  • さいたま地平21.12.16判決

    [解 説]
     1 訴外A(平成13年生)は,平成16年4月1日,Yの設置する保育所に入所し,保育を受けていたところ,平成17年8月10日,保育所で所在不明となり,同日午後0時25分ころ,同保育所に設置されていた本棚の中で発見されたが,熱中症により死亡した。
     そこで,Aの遺族であるXらは,Aの...

    引用形式で表示 総ページ数:27 開始ページ位置:107
  • 東京地平21.11.12判決

    [解 説]
     1 本件は,Yの配当所得等について源泉徴収義務を負う証券会社であるXが,Yは,自ら株式を保有している外国法人A社から,同社の資本剰余金及び利益剰余金を原資として,A社発行の株式1株につき,A社がスピンオフ(会社の一部門を切り離し独立させる分社化の一方式。以下「本件スピンオフ」とい...

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:134
  • 神戸地平21.11.20判決

    [解 説]
     1 訴外A(大正10年生)は,昭和26年7月,倉庫業を営むY会社に入社し,以来昭和51年まで,陸揚げされた貨物を台車付トラクターで倉庫まで運搬する業務に従事していたが,退職後に中皮腫に罹患し,平成11年6月8日,77歳で死亡した。
     そこで,Aの遺族であるXらは,Aの貨物の運搬作...

    引用形式で表示 総ページ数:20 開始ページ位置:145
  • [解 説]
     1 本件は,共有物分割前の土地をYと共有(持分はXが10分の2,Yが10分の8)していたXが,Yの持分について根抵当権を有していたAのYに対する貸付債権及びこれに附随する担保権等を同根抵当権の確定後に当時債権者であった者から譲り受け,これにより,上記譲受債権に係る金銭消費貸借契約...

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:165
  • [解 説]
     1 Xは,Yとの間で,ビル1棟,その敷地(7筆の土地)の所有権及び借地権(併せて本件不動産)に係る信託受益権を代金91億3684万5000円で売却するとの契約(本件受益権売買契約)を締結した。本件受益権売買契約は,XがYの指定する者との間で本件不動産について信託契約を締結し,Xが...

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:176
  • 名古屋簡平21.6.4判決

    [解 説]
     1 本件は,建物の賃借人であった原告が,賃貸人である被告に対し,賃貸借契約の解約又は合意解除による終了に基づき,敷金等の支払を求めた事案である。
     賃借人は,敷金全額を償却するとの約定は無効であると主張して,敷金全額の返還を求めたのに対し,賃貸人は,賃料及び敷金を相場に比べて低額...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:187
  • 東京地平21.10.26判決

    [解 説]
     Xは,平成17年7月から平成19年10月にかけて,株式会社Y1の従業員Y2の勧誘により,海外の投資会社との間で,同会社が出資金を運用する金融商品への出資を行う旨の複数の匿名組合契約(本件各匿名組合契約)を締結し,出資金及び契約手続・管理サービス報酬として合計8450万4659円を...

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:191
  • 千葉地平20.10.27判決

    [解 説]
     1 Xは,和食料理店の経営者であるところ,平成17年4月25日から同年10月26日までの間に,商品取引員であるY1社に委託して商品先物取引を行ったが,596万円余の損失を被った。
     そこで,Xは,Y1社の従業員には,違法勧誘,説明義務違反などの不法行為があったとし,Y1社とその従...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:200
  • [解 説]
     1 事案の概要
     AとBは,昭和30年ころに知り合って深い仲となり,AはBの住居を用意して,そこに頻繁に通い,その生活費を負担するなどその生活を全面的に支えるようになり,昭和39年には2人の間にXが生まれた。Aは,平成4年にXから提起された認知の訴えにおいては,特にこれを争わなか...

    引用形式で表示 総ページ数:21 開始ページ位置:210
  • 宇都宮地平22.3.15判決

    [解 説]
     Xは,株式会社であるAに商品を売ったが,Aはその代金の一部をXに支払わないうちにYにその事業の全部を譲渡した。Xは,Yに対し,YがAから事業譲渡を受け,かつ,譲渡会社であるAの商号を引き続き使用していると主張し,会社法22条1項に基づき上記未払代金の支払を求めた(Xは他の根拠も主...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:231
  • 東京高平21.10.28判決

    [解 説]
     1 X1とA(X2の父)は,本件建物を建築するに際して,住宅金融公庫から融資を受け,連帯債務者となった。その際,X1とAは,住宅金融公庫特約火災保険として,Y(損害保険会社)との間で,被保険者をX1・X2,保険の目的を本件建物とする保険契約を締結した。X1・X2は夫婦であるがAと...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:235
  • [解 説]
     1 控訴人(原告)は,「携帯型コミュニケータおよびその使用方法」に関する発明の特許(本件特許)の特許権者である。原告は,被控訴人(被告)に対し,被告の携帯電話無線機(被告製品)を販売等をしている行為が,本件特許に係る特許権(請求項2及び請求項5に係る特許権)を侵害し,被告の上記行...

    引用形式で表示 総ページ数:17 開始ページ位置:239
  • [解 説]
     1 事案の概要
     本件は,発明の名称を「水系ゲル化剤および水系ゲル」とする特許(以下「本件特許」という。)に係る特許権(以下「本件特許権」という。)の共有持分を有する原告が,被告が製造,販売するゲルタイプ芳香剤(以下「被告製品」という。)が本件特許の請求項2に係る発明(以下「本件...

    引用形式で表示 総ページ数:13 開始ページ位置:256
  • [解 説]
     1 事案の概要
     (1)X(原告・控訴人)は,交通事故に遭って頚椎及び腰椎を捻挫し,上下肢の知覚障害や運動障害が見られたため,平成11年4月,大学病院で第3頚椎から第7頚椎までの脊柱管拡大固定術及び骨移植の手術を受け,さらに,平成13年8月には,腰部椎間板ヘルニアの治療として,第...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:269
  • 東京高平21.12.16決定

    [解 説]
     1 本件は,競売に付された建物(以下「本件建物」という。)の買受人である相手方の申立てに基づき,平成15年法律第134号(以下「改正法」という。)による改正前の民法395条が規定するいわゆる「短期賃貸借」(この賃貸借を以下「本件賃貸借」という。)により本件建物を占有・使用していた...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:274
  • [解 説]
     1 本件は,被告人が,共犯者らと共謀の上,営利の目的で,マレーシアから覚せい剤約3㎏を密輸入したという覚せい剤取締法違反及び関税法違反の事案である。被告人は,「運び屋」とされる共犯者と同じ航空機に搭乗して入国し,空港の到着ロビーで同人と接触しているものの,本件への関与を否定してい...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:277
判例タイムズ No.1324 では
全26件のコンテンツを購入可能です
バックナンバー