判例タイムズ

最も長い歴史をもつ判例実務誌

表紙画像

判例タイムズ No.1460


  • 判例タイムズ社
  • 著者等表記: 齋藤毅 ほか
  • 発行年月日:2019/07/01

  • 大阪民事実務研究会
    預貯金の共同相続に関する幾つかの問題

    齋藤毅   

    [目次]
    第1 はじめに
    第2  共同相続人の1人が相続開始後に預貯金を払い戻した場合における不当利得又は不法行為の成否
    1 平成28年最決前の実務
    2 平成28年最決後の処理
    3 相続法改正後の処理
    第3  相続開始後に被相続人名義の預貯金口座に入金が行われた場合の取扱い
    1 遺産分割の対象
    2 具体的相続分の算定
    第4  金融機関の貸金債権との相殺の可否
    1 問題の所在
    2 被相続人に対する債権との相殺
    3 相続人に対する債権との相殺
    第5  相続財産中の預貯金債権の差押え・取立ての可否等
    1 被相続人の債権者
    2 相続人の債権者

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:5
  • 最高裁第三小法廷平31.3.12決定

    最高裁判所裁判官国民審査法36条の審査無効訴訟において審査人が同法37条1項所定の審査無効の原因として年齢満18歳及び満19歳の日本国民につき衆議院議員の選挙権を有するとしている公職選挙法9条1項の規定の違憲を主張することの可否

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:16
  • 最高裁第一小法廷平31.2.28決定

    公職選挙法204条の選挙無効訴訟において選挙人が同法205条1項所定の選挙無効の原因として年齢満18歳及び満19歳の日本国民につき衆議院議員の選挙権を有するとしている同法9条1項の規定の違憲を主張することの可否

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:19
  • 最高裁第一小法廷平31.2.14判決

    1 普通地方公共団体の議会の議員に対する懲罰その他の措置が当該議員の私法上の権利利益を侵害することを理由とする国家賠償請求の当否の判断方法
    2 市議会の議会運営委員会による議員に対する厳重注意処分の決定が違法な公権力の行使に当たるとはいえないとされた事例

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:24
  • 最高裁第三小法廷平30.10.23判決

    住民訴訟の係属中にされたその請求に係る市の損害賠償請求権及び不当利得返還請求権を放棄する旨の市議会の議決が裁量権の範囲の逸脱又は濫用に当たるとはいえないとされた事例

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:31
  • 最高裁第三小法廷平31.3.5判決

    養親の相続財産全部の包括受遺者が提起する養子縁組の無効の訴えと訴えの利益の有無

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:39
  • 最高裁第三小法廷平31.2.12決定

    離婚訴訟において原告と第三者との不貞行為を主張して請求棄却を求めている被告が上記第三者を相手方として提起した上記不貞行為を理由とする損害賠償請求訴訟の人事訴訟法8条1項にいう「人事訴訟に係る請求の原因である事実によって生じた損害の賠償に関する請求に係る訴訟」該当性

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:43
  • 最高裁第三小法廷平31.1.22決定

    1 刑訴法47条所定の「訴訟に関する書類」に該当する文書につき民訴法220条1号所定のいわゆる引用文書に該当するとして提出を命ずることの可否
    2 刑事事件の捜査に関して作成された書類の写しで,それ自体もその原本も公判に提出されなかったものを,その捜査を担当した都道府県警察を置く都道府県が所持する場合に,当該写しにつき民訴法220条1号所定のいわゆる引用文書又は同条3号所定のいわゆる法律関係文書に該当するとして提出を命ずることの可否

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:46
  • 最高裁第二小法廷平30.12.21判決

    弁護士法23条の2第2項に基づく照会に対する報告をする義務があることの確認を求める訴えの適否

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:51
  • 大阪高裁平31.2.15判決

    有期契約労働者(アルバイト職員)と無期契約労働者(正職員)の労働条件の相違のうち,賞与の不支給,夏期特別休暇の不付与,私傷病による欠勤中の賃金及び休職給の不支給が不合理であるとされた事例

    引用形式で表示 総ページ数:35 開始ページ位置:56
  • 東京高裁平31.1.23判決

    セクハラ等を理由とする私立女子大学の教授に対する懲戒解雇処分が,行為時の地位(セクハラ防止策を推進すべき学科長),行為の態様や常習性,処分時における反省の程度及び再発リスクの高さ並びに学校法人の経営及び女子大学の信用に与えるリスクなどを考慮して,有効と判断された事例

    引用形式で表示 総ページ数:21 開始ページ位置:91
  • 大阪高裁平30.10.25判決

    1 第三者のためにする契約において,第三者の諾約者に対する権利は,要約者と諾約者間の契約に基づくから,要約者の諾約者に対する給付すべきことを請求する権利が10年で時効消滅すれば,第三者の諾約者に対する権利も同様に10年の時効により消滅する
    2 第三者のためにする契約において,判示の事情の下では,諾約者(その相続人)において,要約者が諾約者に対し,第三者に給付すべきことを要求する権利について,10年の消滅時効を援用することが信義則に照らして許されないと判断された事例
    3 第三者のためにする契約において,受益者が第三者のためにする契約の成立を知らされていなかった場合,受益の意思表示の消滅時効の起算点は,契約成立時点ではなく,受益者が契約の成立を知った時であると判断された事例

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:112
  • 大阪高裁平30.10.11決定

    妻である相手方が,別居中の夫である抗告人に婚姻費用の支払を求めた事案において,いわゆる標準的算定方式を参考に本件に顕れた一切の事情を考慮して婚姻費用分担金の額を試算した上で,相手方の前夫から支払われた子の養育費について,上記試算に係る未払婚姻費用分担金と子の生活費を含まない未払婚姻費用分担金との差額の限度において,上記養育費支払によって要扶養状態が解消されたものとして,上記差額を控除し,婚姻費用分担金を算定した事例

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:118
  • 知的財産高裁平30.4.13判決

    ピリミジン誘導体事件
    1 特許権消滅後における特許無効審判請求を不成立とした審決に対する取消しの訴えの利益
    2 刊行物に化合物が一般式の形式で記載され,当該一般式が膨大な数の選択肢を有する場合における引用発明の認定

    引用形式で表示 総ページ数:55 開始ページ位置:125
  • 東京地裁平29.4.27判決

    1 国民年金の給付の支給を受ける権利は,その支払期日の到来をもって権利の行使をすることができる時に該当する
    2 国民年金の給付の支給を受ける権利につき,民法158条1項類推適用により時効が完成しないものとは認められないとされた事例

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:180
  • 横浜地裁平31.1.30判決

    原告が賃貸していた市営住宅の未払賃料等を上記賃貸借契約の連帯保証人である被告に請求したところ,被告側からの一方的意思表示による連帯保証契約の解除を認め,解除以降の未払賃料等の被告の債務負担を否定し,また,上記以降の支払請求は,権利の濫用として許されないとした事例

    引用形式で表示 総ページ数:18 開始ページ位置:191
  • 東京地裁平30.12.27判決

    個人情報の漏えいを理由とする損害賠償訴訟において,個人情報を取り扱う企業及びその個人情報を対象としたシステムの開発,運用等をする企業について注意義務違反の前提としての予見可能性を否定する一方,後者の企業についてはその業務委託先の従業員に対する使用者責任を肯定し,慰謝料の損害賠償を認めた事例

    引用形式で表示 総ページ数:28 開始ページ位置:209
  • 東京地裁平29.8.28判決

    勤務先の研修に参加して保養所に宿泊していた原告が,宴会で飲食した後,客室の窓の外に避難用に設けられたバルコニーに立ち入り,バルコニーの手すりの開口部から誤って転落した事故につき,バルコニーに避難のために一時的に立ち入るという本来の用法に従って使用するにあたっては特段転落の危険を有するものではなく,また,酔客が緊急時以外にもバルコニーに立ち入ること自体を予測し得たとしても,本件のような事実経過で転落するようなことまで予測することが可能であったとまでは認められないなどとして,保養所を占有する被告に対する損害賠償請求を棄却した事例

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:237
  • 千葉地裁平30.12.13判決

    密輸組織が関与する覚せい剤密輸入事件について,被告人の故意を認めず無罪とした事例

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:248
判例タイムズ No.1460 では
全19件のコンテンツを購入可能です
バックナンバー