判例タイムズ

最も長い歴史をもつ判例実務誌

表紙画像

判例タイムズ No.795


  • 坂井芳雄   

    《解  説》
     一 大阪の寝具衣料品販売会社Y1の社員Y2、Y3、Y4は、平成二年六月二一日から同月二五日まで、X会社が経営する静岡県伊東市のホテル「ニューますや」に投宿していたが、この間の同月二四日夜、Y2が三階の三〇一号室において、入浴するため浴槽の給湯栓を開栓したものの、これを放置したま...

    引用形式で表示 総ページ数:2 開始ページ位置:4
  • <随想>外国法事務弁護士のこと

    石川明   

    引用形式で表示 総ページ数:2 開始ページ位置:6
  • 民事訴訟法改正の基本方向について

    小山昇   

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:8
  • プロブレム・メソッドのすすめ

    小林秀之   

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:18
  • ヨーロッパ人権条約と人権の国際化

    五百蔵洋一   

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:21
  • <債権執行の諸問題45>電話加入権執行に関する問題

  • <商事法研究10>第三者に対する新株発行と公正な発行価額

    栗山徳子   

    引用形式で表示 総ページ数:18 開始ページ位置:32
  • <銀行実務と民事裁判291〕債権者の担保保存義務、同免除特約の最近判例の考え方と実際的見地からの検討 -最一小判平成2年4月12日(金法1255号6頁)、京都地判平成3年11月25日(本誌784号227頁)、最三小判平成3年9月3日(本誌771号69頁)

    石井眞司   

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:50
  • <判例評釈>抵当証券による競売申立てと期限の利益喪失約款(東京高決平成4年2月19日、本誌777号267頁)

    今村与一   

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:53
  • 《解  説》
     一 本件は、原告と男子社員との間の賃金格差が労基法四条違反の賃金差別であるか否かが争われた事案である。
     これまでの男女賃金差別をめぐる訴訟は、いずれも、男女別の制度や基準による男女間の異なる扱いが問題とされた事例であったが、本件は、これとは異なり、男女別の基準や制度がなく、事...

    引用形式で表示 総ページ数:20 開始ページ位置:61
  • 《解  説》
     本件は、横田基地公害訴訟(控訴審判決・東京高判昭62・7・15本誌六四一号二三二頁、現在上告審係属中)の原告らが、仮執行宣言及び仮執行免脱宣言の付された控訴審判決に基づいて行った国に対する動産強制執行(郵便局における現金に対する執行)が不法行為を構成するとして、国が、右強制執行...

    引用形式で表示 総ページ数:12 開始ページ位置:81
  • 最高二小平4.7.17判決

    《解  説》
     一 Yの有する発明に対して、Xが無効審判を請求したところ、特許庁は本件明細書の特許請求の範囲の記載等が不備であるとの理由で本件特許を無効とする旨の審決(一次審決)をした。Yは右審決の取消訴訟を提起し、訴訟係属中に、本件明細書の特許請求の範囲の記載等の訂正を、特許請求の範囲の減縮...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:93
  • 最高二小平4.7.10判決

    《解  説》
     一 被告人は、夜間、片側二車線の道路の第二通行帯を時速約四〇キロメートルで進行中、折から被告人車の進路上を無灯火のまま対向進行して来た普通乗用自動車を前方約七・九メートルに迫って初めて発見し、急制動の措置を講じたが及ばず、同車と正面衝突し、その結果対向車の運転者が死亡したという...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:96
  • 《解  説》
     一 Xは、昭和四六年四月、市民団体パレスチナ難民支援センター等の支援によりレバノン共和国に渡航し、レバノン、シリアの各地の難民キャンプ等で医療活動を行っていたものであるが、昭和五七年九月、在シリア日本大使館を経由して、Y(外務大臣)に対し、数次往復用一般旅券の発給の申請をしたと...

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:99
  • 《解  説》
     本件は、一般旅券返納命令の効力の停止を求める執行停止申立てに関するものである。申立人は、相手方である外務大臣から一般旅券(数次旅券)の返納命令を受けたが、その理由とするところは、申立人が、昭和五七年以来北朝鮮工作員と認められる人物と海外において接触し、その指示により情報収集活動...

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:109
  • 《解  説》
     一 砂利採取業を営むX1、X2は、国有河川における砂利の採取について、地方建設局長Y1に対し河川法二四条、二五条に基づく許可申請(以下「本件許可申請」という。)及び砂利採取法一六条に基づく砂利採取計画認可申請(以下「本件認可申請」という。)をしたが、Y1が本件認可申請に対して不...

    引用形式で表示 総ページ数:13 開始ページ位置:117
  • 《解  説》
     一 A市は、毎年六月及び一二月に期末手当各一・九月分及び二・五月分を支給するとの議員報酬条例の定めに基づいて、市議会の各議員に右の支給割合による期末手当を支給し、また、市議会の各会派に対して、会派に属する議員の数を基準として計算した調査研究費補助金を交付していた。A市の住民であ...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:130
  • 《解  説》
     一 Xは、昭和四八年四月から、Yの設置する高等学校の専任教諭をしていたが、昭和五五年四月から、それまで担当していた学科の授業、クラス担任その他の校務分掌の一切を外され、昭和五六年四月以降はそれに加えて職員室内の席を他の教職員から一人だけ引き離される形で職員室の出入口に移動され、...

    引用形式で表示 総ページ数:23 開始ページ位置:140
  • 《解  説》
     一 本件は、高校の教師Xが同校の女子学生との情交関係を理由にY教育委員会から受けた懲戒免職処分の取消を求めた訴訟である。すなわち、Y教育委員会は、①Xは、妻子ある身でありながら、女子生徒A子と交際し、校内で評判となり、②A子の両親からの抗議や同僚教師からの注意にもかかわらず、交...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:162
  • 《解  説》
     本件は、本誌七六三号二二五頁で紹介した札幌地判平2・12・25の控訴審判決である。Y(北海道地方労働委員会)は、ネッスル日本労働組合(A1)及びネッスル日本労働組合日高支部(A2・法人格を有する。)を申立人とし、X1(ネッスル株式会社)及びX2(日高乳業株式会社)を被申立人とす...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:167
  • 《解  説》
     Xは、本件係争地がX所有地(札幌市中央区北一条西一八丁目一番二一号)に属すると主張し、同地上にあるY所有の塀の撤去と係争地(北海道立近代美術館の駐車場として使用されている)の明渡しを求めた。Y(北海道)は、本件係争地は、昭和八年に行われた北海道地方費財産取扱規定二八条による査定...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:174
  • 《解  説》
     一 Xの先代Aは、戦前の昭和一九年四月、Yらの先代Bに対し、都内新宿区下落合所在の木造瓦葺平屋建居宅(四七・一〇平方メートル)を、賃料一か月二〇円で賃貸した。
     しかし、その後右建物の賃料が極めて不相当となったため、Aは、昭和五八年一〇月以降一か月五万円に増額する旨意思表示をし...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:178
  • 《解  説》
     本件は、長野県のリゾート地にある預託金会員制クラブ施設の利用権(会員権)を有するXら一五名が、このクラブを運営するY1株式会社及び会員権を媒介した百貨店Y2に対して、主位的に債務不履行、予備的に不法行為に基づいて損害賠償を請求したケースである。Xらは、Y1の債務不履行の事由とし...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:183
  • 《解  説》
     一 本件は、金額一億二〇〇〇万円の手形の割引先を探していたXの依頼を受けて本件手形を預かったYが、Xに対して本件手形の割引金のうち五五〇〇万円は返還したものの、割引料五〇〇万円を除いた残余の六〇〇〇万円を返還しないとして、XがYに対し不法行為による損害賠償請求権または不当利得の...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:190
  • 大阪地堺支平4.5.7判決

    《解  説》
     一 Xら五二九人は、大阪府堺市三宝町周辺に居住しあるいは営業するなどして平穏な生活を営んでいる住民であるが、暴力団山口組系黒誠会内赤心会の組長Y1の元妻Y2が同町内に所有する五階建ビルが、暴力団事務所として利用されることが明らかであり、その結果、暴力団には宿命ともいえる抗争事件...

    引用形式で表示 総ページ数:12 開始ページ位置:192
  • 《解  説》
     Xは、証券会社Yの支店から、証券投資信託、転換社債(三銘柄)、新規公開上場株式を買い付けたが、担当者はその際「必ず値上がりする」「責任を持つ」等と欺罔し、その結果Xは株価の低落により損害を被った。そこで、Xが、Yに対して民法七一五条に基づき損害賠償請求をしたのが本件である。なお...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:209
  • 《解  説》
     一 本件は、恐喝罪の有罪判決により懲役刑に処せられた者が、被害者が虚偽の被害届及び偽造証拠を捜査機関に提出したことにより真実は無罪であるのに有罪判決を受けて刑事処罰を受けたとして、右刑事事件の被害者に対して別訴で民事上の損害賠償を求めた事件である。
     二 類似の事案としては、福...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:212
  • 《解  説》
     Aは子宮筋腫が増悪し、B病院に入院して子宮全摘手術を受けたが、翌日から呼吸困難を訴えた。B病院では酸素吸入の措置をとるなどしたが、Aの症状は改善されず、肺浮腫が疑われ、AはYの設置する病院に転院された。Aの呼吸困難は転院二日後の朝さらに増悪し、呼吸停止の状態に達し、人工呼吸によ...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:219
  • 《解  説》
     原告は、昭和五八年五月一〇日、開業歯科医師である被告との間で、欠損歯部(前歯右上一番)についてブリッジ(架工義歯)補綴治療を受ける旨診療契約を締結し、被告からセラミック前装鋳造冠ブリッジの補綴を受けたが、その後、二年目、四年目の二回にわたって同ブリッジが脱離し、改めてブリッジ補...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:228
  • 《解  説》
     一 事案の概要
     控訴人(原告、妻、昭和一二年九月六日生)と被控訴人(被告、夫、昭和一一年六月二八日生)は、昭和三九年七月二日に婚姻した夫婦であり、その間に長男(昭和四〇年一二月二六日生)及び長女(昭和四二年七月一三日生)がいる。被控訴人は、婚姻当時、家具等の製造を業とする会社...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:237
  • 名古屋高金沢支平4.5.20判決

    《解  説》
     一 X(原告・被控訴人)は、昭和五八年八月一九日早朝、普通貨物自動車を運転して国道上を走行中、道路側面のコンクリート壁に激突し、左大腿骨、膝蓋骨、肋骨及び胸骨骨折等の重傷を負ったので、右事故車に付保されていた自動車保険契約に基づき、Y(被告・控訴人)に対し、自損事故及び搭乗者傷...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:243
  • 《解  説》
     一 本件は、日蓮正宗に関する一連の「改革」運動を巡る一部僧侶に対する懲戒処分に関連する訴訟であり、同種の訴訟は全国各地の裁判所に相当数係属している筈で、一連の判決の控訴審段階での裁判例であり、この一連の裁判例の早いものについては、すでに最高裁の裁判例(①最判昭和六一年(オ)第九...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:249
  • 《解  説》
     本件は、藤沢市に住所を有すると主張するX(国籍アメリカ合衆国、女性)が、離婚した元の夫Y(国籍アメリカ合衆国、バージニア州に居住)に対して、悪意の遺棄に基づく慰謝料の支払い等を請求したケースである。Yは、XYは一九八五年アメリカ合衆国で婚姻し、一九九〇年バージニア州で離婚してい...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:254
  • 《解  説》
     本件X(国)が、いわゆる日本赤軍日航機ハイジャック事件の犯人の一人であるY(東京拘置所在監中)に対して、犯人らに支払った一六億円余等の金員支払いを請求するケースである。もっとも、Xは同趣旨の請求の確定判決を得ており、右確定判決による損害賠償請求権の消滅時効を中断するために本訴が...

    引用形式で表示 総ページ数:2 開始ページ位置:256
  • 《解  説》
     一 Y(被控訴人)は、根抵当権に基づく不動産競売申立をしたが、競売申立書及び債権計算書の被担保債権につき、誤って実際と異なる発生日付を記載して提出した(貸付契約後に債務者が商号変更したため、新商号名義で契約書を書き改めたが、担当者がその契約書の日付を債権発生日と勘違いした。)。...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:257
  • 《解  説》
     一 本件は、深夜の小学校校庭敷地内の公衆電話ボックス内で一七歳の被害者を捕捉した被告人が、右ボックス内から同女を引きずり出し、コンクリート製階段に押し倒して強姦しようとしたが、同女から「やめて下さい。」などと哀願されたのを契機として犯行を断念したという事案である。右事実関係から...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:263
  • 《解  説》
     本件は、被告人が自宅で飲酒中、簡易保険の生存剰余金の引き出しについて妻と口論になり、執拗に引き出しを主張する妻の態度に立腹して、午後二時ころから同日午後一一時ころまでの間、焼酎を飲んでは、数次にわたり手挙で同女を殴打足蹴し、居間に押し倒し、更に背部や臀部などを踏みつけ、肩たたき...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:266
  • 《解  説》
     本判決は、トルエンを含有するシンナーをみだりに吸入する目的で所持したとの公訴事実について、被告人が吸入目的でトルエンを含有するシンナーを所持したという客観的事実は優にこれを認めることができるが、被告人には当該シンナーにトルエンが含有されているとの確定的または未必的な認識があった...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:269
  • 《解  説》
     一 本件は、約三か月の間における大麻の譲受二件(うち一件は営利目的)、譲渡三件(うち一件は営利目的)、営利目的所持一件及び栽培一件につき起訴された被告人に対し、懲役二年及び罰金八〇万円を言渡した第一審判決が、被告人からの控訴申立を受けた控訴審判決により、起訴されていない犯罪事実...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:274
  • 《解  説》
     一 本件は、被告会社の取締役であった原告が、一〇年間にわたる被告在職中に行った意匠の創作及び実用新案の考案のうち、職務創作、考案として被告に譲渡した意匠登録を受ける権利、実用新案登録を受ける権利について、退職後実用新案法九条三項、意匠法一五条三項により準用される特許法三五条三項...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:278
  • 鹿児島地平4.10.2判決

    《解  説》
     Y県知事は、平成二年一一月二二日、皇居で行われた大嘗宮の儀のうち、悠紀殿供饌の儀に宮内庁長官から招待を受けて参列し、その際、県から出張旅費として七万五六六〇円の支給を受けた。本訴は、住民であるXが、国の大嘗祭の挙行についての出費等は憲法二〇条及び八九条に違反しており、Y知事の参...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:286
判例タイムズ No.795 では
全41件のコンテンツを購入可能です
バックナンバー