判例タイムズ

最も長い歴史をもつ判例実務誌

表紙画像

判例タイムズ No.1403


  • 東京地裁破産再生部における近時の免責に関する判断の実情(続)

    平井直也   

    引用形式で表示 総ページ数:22 開始ページ位置:5
  • 東京地裁労働部と東京三弁護士会の協議会第11回

    引用形式で表示 総ページ数:30 開始ページ位置:27
  • 不公正な取引方法と企業聞の取引訴訟

    若松亮   

    引用形式で表示 総ページ数:23 開始ページ位置:57
  • 最高裁判所第三小法廷平26.1.14判決

    〔解 説〕
     1 本件は,血縁上の父子関係がないことを知りながらYを認知したXが,Yに対し,自らした認知の無効を主張して,認知の無効の訴えを提起した事案である。
     2 事実関係の概要は,次のとおりである。
     平成15年3月にYの母と婚姻したXは,平成16年12月,平成8年生まれのYの認知(以下...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:80
  • 最高裁判所第二小法廷平26.4.7決定

    〔解 説〕
     1 本件は,暴力団員である被告人が,約款で暴力団員からの貯金の新規預入申込みを拒絶する旨定めている銀行の担当者に対し,自己が暴力団員でないことを表明,確約して口座開設等を申し込み,通帳等の交付を受けたことが詐欺罪に問われた事案である。
     2 本件銀行は,平成22年4月,約款を改定...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:88
  • 大阪地方裁判所平25.4.19判決

    〔解 説〕
    1 事案の概要
     原告は,両股関節機能全廃等の身体障害を有しており,日常生活や通院のための移動手段として処分価値のない自動車を保有していた。福祉事務所長は,平成18年11月,原告に対して生活保護開始決定を行ったが,その後,上記自動車の保有が認められないことを理由に,自動車を処分...

    引用形式で表示 総ページ数:18 開始ページ位置:91
  • 広島地方裁判所平24.9.26判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要
     平成21年7月25日,元産業廃棄物最終処分場予定地(以下「本件土砂崩壊地」という。)から土砂が崩壊,流出して,下流にあった民家が全壊し,同所の住人Aが死亡,X1が負傷するという事故(以下「本件土砂崩壊事故」という。)が発生した。
     本件は,Aの相続人であるX1(...

    引用形式で表示 総ページ数:14 開始ページ位置:109
  • 東京地方裁判所平25.1.23判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要
    (1)本件は,普通地方公共団体の長に対する損害賠償の請求をすることの義務付けを求める地方自治法242条の2第1項4号所定のいわゆる4号訴訟の提起後,事実審口頭弁論終結後に,当該請求に係る債権を放棄する旨の議会の議決(以下「放棄議決」という。)がされた場合のその適法...

    引用形式で表示 総ページ数:26 開始ページ位置:123
  • 東京地方裁判所平24.3.30判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要
     本件は,被告の会社更生手続中に,平成22年12月31日付けで整理解雇とする旨の通知を受けた客室乗務員である原告ら72名が,被告に対し,同整理解雇の無効を主張して,(1)72名全員が雇用契約上の地位の確認を求めるとともに,(2)このうち整理解雇時点で実際に勤務して...

    引用形式で表示 総ページ数:35 開始ページ位置:149
  • 東京地方裁判所平25.7.24判決

    〔解 説〕
     1 本件は,ファイナンシャルアドバイザリーサービスを提供しているYが,事業会社(後に破産。以下「破産会社」という。)との間で事業の存続を目的とするアドバイザリー契約を締結し,破産会社がこれに従って事業譲渡を行ったところ,破産会社の破産管財人Xが,Yはアドバイザリー契約に基づく義務...

    引用形式で表示 総ページ数:15 開始ページ位置:184
  • 東京地方裁判所平25.1.29判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要
     証券会社であった原告は,被告との間で,1992年版ISDAマスター契約に依拠した基本契約と5つの個別取引契約を締結して,デリバティブ取引の一種である為替予約取引及びスワップ取引を行っていた。ISDAとは,国際スワップ・デリバティブズ協会(Internationa...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:199
  • 東京地方裁判所平24.7.20判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要
     本件は,①事件,②事件とも,原告リーマン・ブラザーズ証券会社とその顧客である被告とが,1992年版ISDAマスター契約(以下「マスター契約」という。)に基づく基本契約及び個別取引契約を締結してデリバティブ取引の一種である米ドルと日本円の為替予約取引を行っていたと...

    引用形式で表示 総ページ数:16 開始ページ位置:209
  • 大阪地方裁判所平24.3.23判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要(以下,略称等については判決文に従うものとする。)
     本件は,東京証券取引所市場第二部に上場していた再生会社の再生管財人である原告が,同社の監査人であった被告に対し,再生会社がその第17期(平成16年4月1日から平成17年3月31日まで)及び第18期(平成17年4月...

    引用形式で表示 総ページ数:29 開始ページ位置:225
  • 東京高等裁判所平24.12.28決定

    〔解 説〕
     1 事案の概要
    (1)本件は,妻である相手方(原審申立人)が,夫である抗告人(原審相手方)に対し,婚姻費用の分担を申し立てたという事案である。
     両者間には長男及び長女がおり,当事者双方が別居してからは母である相手方の下で養育されていたものであったが,平成24年4月27日から同年...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:254
  • 知的財産高等裁判所平24.12.5判決

    〔解 説〕
    1 事案の概要
     本件は,Xが,発明の名称を「結晶性の〔R─(R*,R*)〕─2─(4─フルオロフェニル)─β,δ─ジヒドロキシ─5─(1─メチルエチル)─3─フェニル─4─〔(フェニルアミノ)カルボニル〕─1H─ピロール─1─ヘプタン酸ヘミカルシウム塩(アトルバスタチン)」と...

    引用形式で表示 総ページ数:14 開始ページ位置:257
  • 知的財産高等裁判所平24.8.8判決

    〔解 説〕
     第1 事案の概要
     1 前提事実
     X(第1審原告・控訴人兼被控訴人)は,釣りを題材とした携帯電話機用インターネット・ゲームである「釣り★スタ」(原告作品)を製作し,ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を提供するインターネット・ウェブサイトの携帯電話機向け「GREE」...

    引用形式で表示 総ページ数:28 開始ページ位置:271
  • 東京高等裁判所平26.5.30判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要
     被告は,「セブン─イレブン」の商標等を用いてコンビニエンス・ストアを展開する会社であり,原告は,そのフランチャイジーである。
     公正取引委員会は,被告が,加盟店で廃棄された商品の原価相当額の全額が加盟者の負担となる仕組みの下で,見切り販売(被告が独自の基準により...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:299
  • 大阪地方裁判所平25.4.16決定

    〔解 説〕
     1 事案の概要
     本件は,東日本大震災に伴い東京電力福島第一原子力発電所(以下「福島第一原子力発電所」という。)の事故が発生して以降,国内で唯一再稼働していた大飯原子力発電所3号機及び4号機(以下「本件発電所」という。)について,重大な原子炉事故が発生するおそれがあり,その場合,...

    引用形式で表示 総ページ数:26 開始ページ位置:309
  • 東京地方裁判所平26.4.21判決

    〔解 説〕
     1 事案の概要
    (1)A会社所有の本件建物(その敷地も含む。)につき抵当権に基づく競売開始決定があり,Yは,本件建物を競落し,本件建物の占有者とされたXの息子に対する引渡命令を得て,引渡執行に着手した。Xは,本件建物を占有していたところ,買受人であるYに対抗できる賃借権を有してい...

    引用形式で表示 総ページ数:21 開始ページ位置:335
  • 東京高等裁判所平26.3.26判決

    〔解 説〕
     1 本件は,被告人が大型貨物自動車を運転し,信号機により交通整理の行われている丁字路交差点を直進するに当たり,その入口に設置されていた停止線手前約41メートルの地点で,対面信号機が赤色信号を表示しているのを認めたが,時速約60kmの速度で同交差点内に進入し,その出口に設けられた横...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:356
  • 奈良地方裁判所平24.2.28判決

    〔解 説〕
     1 本件は,平成15年9月に発生したいわゆる奈良警察官発砲事件の刑事第一審判決である。被告人両名を含む警察官について,検察官が不起訴処分をしていたが,発砲により死亡した者の遺族が付審判請求を行い,裁判所は,被告人Xにつき特別公務員暴行陵虐致傷,被告人Yにつき特別公務員暴行陵虐致死...

    引用形式で表示 総ページ数:22 開始ページ位置:361
判例タイムズ No.1403 では
全21件のコンテンツを購入可能です
バックナンバー