判例タイムズ

最も長い歴史をもつ判例実務誌

表紙画像

判例タイムズ No.1337


  • 立証活動における倫理(下)

    加藤新太郎    村田渉    須藤典明    馬橋隆紀   

    引用形式で表示 総ページ数:15 開始ページ位置:5
  • 会社分割の濫用を巡る諸問題「不患貧,患不均」の精神に立脚して

    難波孝一   

    引用形式で表示 総ページ数:18 開始ページ位置:20
  • 事業者団体の活動への規制8条のあり方

    村上政博   

    引用形式で表示 総ページ数:12 開始ページ位置:38
  • 刑事裁判ノ-ト裁判員裁判への架け橋として(9)

    門野博   

    引用形式で表示 総ページ数:14 開始ページ位置:50
  • 米国における医療訴訟の現状とADRの利用(下)

    平野佑子   

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:64
  • 第二小法廷平22.10.15判決

    [解 説]
     1 本件は,Xが,その母であるAの死亡により相続した財産に係る相続税の申告をしたところ,Aが生前に提訴してXが承継していた所得税更正処分等の取消訴訟において同処分等の取消判決が確定したことから,Aが同処分等に基づき納付していた所得税等に係る過納金がXに還付され,所轄税務署長から上...

    引用形式で表示 総ページ数:19 開始ページ位置:73
  • 第一小法廷平22.9.13判決

    [解 説]
     1(1)本件は,交通事故により傷害を受け,その後に後遺障害が残った被害者から加害者に対する損害賠償請求において,被害者が支給を受けた労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に基づく保険給付や公的年金制度に基づく年金給付との間で行う損益相殺的な調整の方法が問題になった事案...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:92
  • 第二小法廷平22.10.22判決

    [解 説]
     1 本件は,カネボウ株式会社の発行する普通株式を保有していたXが,Yによるカネボウの発行する種類株式に係る株券の買付けは,普通株式と共に公開買付けによらなければならないものであったのに,これによらなかったことが違法であり,その結果,その保有していた普通株式を売却する機会を逸し,損...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:98
  • 第一小法廷平22.10.14判決

    [解 説]
     1 本件は,学校法人であるYから定年規程所定の65歳の定年により職を解く旨の辞令を受けた教育職員であるXが,Yとの間でXの定年を80歳とする旨の合意(以下「本件合意」という。)があったと主張して,Yに対し,雇用契約上の地位確認及び賃金等の支払を求めた事案である。
     2 事実関係の...

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:105
  • 第二小法廷平22.10.8判決

    [解 説]
     1 本件は,Aの相続人であるXらが,同じくAの相続人であるYらに対し,A名義の定額郵便貯金債権がAの遺産に属することの確認を求める訴えを提起した事案である。1,2審において,確認の利益の有無が問題となり,この点に関する1,2審の判断は,次のとおりである。
     (1)1審の判断
     貯...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:114
  • 第二小法廷平22.7.16判決

    [解 説]
     1 本件は,大阪市職員を組合員とする四つの互助組合が,平成5年度から平成11年度まで,大阪市から支出を受けた補給金(以下「本件補給金」という。)を組合員のための企業年金保険の保険料に充てたことにつき,大阪市の住民であるAらが,主位的には互助組合による本件補給金の流用が違法であり,...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:119
  • 東京地平21.10.16判決

    [解 説]
     1 本件は,ロシア国籍を有する外国人の女性が,法務大臣に対し,出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という。)7条の2第1項に基づき,入国目的を「芸術・文化活動」,活動先の名称を「日本陶芸倶楽部」,活動先の事業内容を「陶芸の振興と海外広報」,地位を「研究生」,活動内容を「日本陶...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:123
  • [解 説]
     1 訴外Aは,石垣市字川平山原の土地に,7階建ての賃貸マンションの建築を計画(以下「本件建築計画」という。)し,沖縄県八重山支庁の建築主事に対し,建築確認申請(以下「本件確認申請」という。)をした。
     そこで,本件マンションの敷地の近隣住民であるXらは,本件確認申請に対して建築確...

    引用形式で表示 総ページ数:16 開始ページ位置:131
  • [解 説]
     ①事件及び②事件は,いずれも,労働審判法6条に基づき労働審判手続の申立てを却下した事例である。近時,労働審判制度への社会の期待が高まる中,本来,労働審判手続の対象として想定されていなかったような紛争に係る申立て(②事件参照)や濫用的とも見られる申立て(①事件参照)が増加する傾向が...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:147
  • [解 説]
     1 本件は,リース会社である原告が,被告に対し,被告が名義貸しをして実体のない空リース契約(以下「本件リース契約」という。)を原告との間で締結したため,これにより原告が販売店に対して支払った金額分の損害を被ったと主張して,不法行為に基づく損害賠償等の支払を求めた事案である。
     こ...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:150
  • [解 説]
     1 Xらは,中小企業等協同組合法に基づいて設立されたY協同組合の組合員であるが,平成20年8月1日,Yの信用を著しく失墜させる行為を行ったとして,チケット換金の停止90日,屋上灯の使用停止90日の本件制裁処分を受けた。
     そこで,Xらは,本件制裁処分は,その処分の根拠を欠き無効,...

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:155
  • [解 説]
     1 本件は,Y(但し,当時はYに合併される前のZ)が携帯電話基地局として操業している本件基地局の所在する町内に居住するXら(いずれも個人。第1審では17名,控訴審では14名)が,本件基地局から発せられる電磁波による健康被害,本件基地局の本件鉄塔の倒壊による被害のおそれを理由に,Y...

    引用形式で表示 総ページ数:32 開始ページ位置:166
  • [解 説]
     1 左眼につき白内障を発症していたXは,平成6年2月4日,Y1(医療法人社団)の開設する眼科診療所(以下「被告眼科」という。)を初めて受診し,同年3月8日にY2(被告眼科の医師)の執刀で白内障超音波乳化吸引術及び眼内レンズ挿入術(以下「本件白内障手術」という。)を受けたところ,手...

    引用形式で表示 総ページ数:16 開始ページ位置:198
  • [解 説]
     1 本件は,信用金庫であるYの会員であり,Yの理事らに対する会員代表訴訟(別件代表訴訟)を提起し,その責任を追及していたX1が,同訴訟の係属中に開催されたYの臨時総代会においてX1を除名する旨の決議(本件決議)がされたことについて,Yに対し,同決議の無効確認,取消しを求めた事案で...

    引用形式で表示 総ページ数:14 開始ページ位置:214
  • [解 説]
     1 訴外A(昭和11年生)は,平成20年1月2日午後1時55分ころ,千葉市若葉区内のJR東日本旅客鉄道線路内において,進行してきた総武本線上り電車に轢過され,死亡した。
     そこで,Aを被保険者として傷害保険契約を締結していたXは,保険金受取人として,保険会社であるYに対し,死亡保...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:228
  • [解 説]
     1 本件は,発明の名称を「日焼け止め剤組成物」とする発明について特許出願をした原告が,特許庁の審査官から,拒絶査定を受け,これを不服とする審判請求についても,特許庁の審判官から,不服審判請求は成立しないとの審決を受けたことから,知的財産高等裁判所に対し,その審決の取消訴訟を提起し...

    引用形式で表示 総ページ数:15 開始ページ位置:236
  • [解 説]
     1 事案の概要
     本件は,世界各地のSLのビデオ映像(以下「本件映像」という。)を撮影した原告が,原告に無断で本件映像を編集して作成されたDVD「SL世界の車窓」(以下「本件DVD」という。)を被告が販売等したとして,被告に対し,①本件映像についての著作者人格権(同一性保持権)の...

    引用形式で表示 総ページ数:15 開始ページ位置:251
  • [解 説]
     X1,X2は,いずれも運送業者であり,車両(トラック)メーカーであるYからトラックを継続的に購入し,Yからそれら車両の点検,整備,修理等のサービスの供給を継続的に受けていたところ,Yから同サービスの供給を平成21年12月末日をもって停止する旨の通知を受けたので,Yに対し,上記契約...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:266
  • [解 説]
     1 本件の概要
     本件は,債権者Xにおいて,相手方Yが第三債務者である生命保険会社3社に対して有する保険契約に基づく配当金請求権,解約返戻金請求権,満期金請求権について差押命令を申し立てたものである。このうち,A社は,弁護士照会(弁護士法23条の2)に基づき保険の種類・保険証券番...

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:271
  • 東京高平21.11.16判決

    [解 説]
     1 事案の概要等
     本件のうち,判示事項に関連する部分は,キャッシュカードを窃取した被告人が,被害者に対し,包丁を突き付けながら,「一番金額が入っているキャッシュカードと暗証番号を教えろ。」などと語気鋭く申し向けて脅迫し,その反抗を抑圧して,同人名義の預金口座の暗証番号を聞き出し...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:280
判例タイムズ No.1337 では
全25件のコンテンツを購入可能です
バックナンバー