判例タイムズ

最も長い歴史をもつ判例実務誌

表紙画像

判例タイムズ No.1107


  • 保護命令事件の概況後一年間の裁判統計を中心にして

    藤本恵子    渡部雅樹   

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:4
  • 訴訟類型に着目した訴訟運営会社関係訴訟

  • フランスの刑事司法の実際を見て

    細谷泰暢   

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:34
  • 有価証券に表章された金銭債権を受働債権とする相殺と証券の占有

    大西武士   

    最三小判平13・12・18判タ1083号114頁

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:42
  • <民法判例レビュー>今期の主な裁判例 契約

    山崎敏彦   

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:47
  • <民法判例レビュー>今期の主な裁判例 担保

    松本恒雄   

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:51
  • <民法判例レビュー>今期の主な裁判例 不動産

    内田勝一   

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:55
  • <民法判例レビュー>今期の主な裁判例 民事責任

    瀬川信久   

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:60
  • <民法判例レビュー>今期の裁判例 家族

    山口純夫   

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:63
  • <判例評釈>民事責任 二つのO-157判決

    瀬川信久   

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:69
  • <判例評釈>家族 財産分与と退職金・年金

    右近健男   

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:76
  • 最高一小平14.9.26判決

    《解  説》
    第一 事案の概要
     1 Xは、アメリカ合衆国において、発明の名称を「FM信号復調装置」とする米国特許権(本件米国特許権。その発明を「本件発明」という。)を有している。なお、Xは、我が国において、本件発明と同一の発明についての特許権を有していない。
     Yは、我が国において、本件発明...

    引用形式で表示 総ページ数:12 開始ページ位置:80
  • 福岡地平13.12.18判決

    《解  説》
     一 事案の概要
     1 本判決は、福岡県と熊本県にまたがる三井三池炭鉱で就労したことによりじん肺に罹患したと主張するXら(元従業員一四九名の本人またはその相続人)が、同炭鉱を経営していた被告企業Y1およびY2に対し、安全配慮義務の不履行を理由として、慰謝料(元従業員一名あたり三〇...

    引用形式で表示 総ページ数:93 開始ページ位置:92
  • 最高三小平14.9.17判決

    《解  説》
     一1 本件は、仙台市(以下「市」という。)の住民であるXらが、平成二年度及び同三年度の二回にわたり市とYらとの間で締結されたYら共有地の各売買契約(以下「本件各契約」という。)が公序良俗違反又は錯誤により無効であるとして、地方自治法(以下「法」という。)二四二条の二第一項四号(...

    引用形式で表示 総ページ数:8 開始ページ位置:185
  • 最高三小平14.9.24判決

    《解  説》
     一 本件は、秘密証書遺言の筆者(民法九七〇条一項三号)が誰であるかが争いとなった事案である。
     遺言者Aは、平成一〇年一一月(当時八七歳)、秘密証書遺言の方式により遺言をした。Aは平成一一年五月死亡し、同年八月遺言書の検認がされた。遺言書の記載は、次のようなものであった。
      ...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:192
  • 最高三小平14.9.17判決

    《解  説》
     一 本件は、商標法に基づく審判において、商標法五六条一項の準用する特許法一五三条二項所定の手続を欠くという瑕疵がある場合、すなわち、特許庁の審判官が、当事者の申し立てない理由について審理をしながら、それを当事者に通知して意見を述べる機会を与えなかった場合に、この瑕疵が審決を取り...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:196
  • 最高二小平14.10.15決定

    《解  説》
     一 本件は、被告会社二社の代表取締役等であった被告人が、被告会社二社の業務に関し、法人税の過少申告ほ脱、不申告ほ脱を行ったという法人税法違反の事案である。そのうち、職権で判断が示されている不申告ほ脱の事実関係は、被告人が、税務申告のため経理担当従業員に所得の秘匿工作をした会計書...

    引用形式で表示 総ページ数:3 開始ページ位置:201
  • 最高一小平14.10.4決定

    《解  説》
     一 本件は、捜索差押許可状の執行方法の適否が問題となった事案である。警察官らは、かねてより覚せい剤取締法違反の件で被疑者の所在を捜査していたが、被疑者の立ち回り先と目されていたホテルから、被疑者が投宿した旨の通報があった。そこで、そのホテル客室に対する捜索差押許可状の発付を得て...

    引用形式で表示 総ページ数:2 開始ページ位置:203
  • 大阪地平13.10.15判決

    《解  説》
     視覚障害者Xは、大阪市営地下鉄御堂筋線天王寺駅ホーム上で、発車直後の地下鉄車両と接触して線路脇に転落して傷害を負ったため、当該駅の設置管理者である大阪市(Y)に対し、選択的に、①ホームの設置又は管理の瑕疵を理由に、国家賠償法二条一項に基づく損害賠償、②Yの担当公務員の過失を理由...

    引用形式で表示 総ページ数:21 開始ページ位置:205
  • 《解  説》
     一 訴外Aは、昭和四五年四月、電器製品の部品の販売等を業とするY1会社に入社し、平成三年に係長、平成七年二月に課長にそれぞれ昇進したが、仕事上の悩みから、平成八年四月、自殺を企図し、未遂に終った。
     そこで、Aの妻であるX1は、Aの直属の上司であったY2部長に対し、Aの自殺未遂...

    引用形式で表示 総ページ数:6 開始ページ位置:226
  • 東京高平12.11.30判決

    《解  説》
     一 本件は、X1、X2男女が、Y女に対し、三人で同棲していた間の生活費の分担合意に基づく負担分の支払と、X1がYの暴行により傷害を負ったことによる損害の賠償を求めた事案である。原判決は、三人の間での生活費の分担についての合意は努力目標を定めたにすぎないので法的な支払義務はなく、...

    引用形式で表示 総ページ数:2 開始ページ位置:232
  • 《解  説》
     一 本件事案の概要は次のとおりである。
     Xは、父である訴外Aの死亡により発生した相続に関し、弁護士であるYとの間で委任契約を締結した。本件において、Xは、Yが弁護士として要求される委任契約上の善管注意義務に違反して、①不適切な相続税申告を行った、②第三者に対し相続財産の大部分...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:233
  • 岐阜地平13.11.28判決

    《解  説》
     一 本件は、借家契約の終了を理由として賃貸人であるXが賃借人であるYに対して建物の明渡しを求めた事案であるが、賃借人Yがオウム真理教(現宗教団体アレフ)の信者であるところに本件事案の特殊性がある。
     二 Xは、借家契約の更新拒絶又は解約申入れの正当事由(借地借家法二八条)として...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:242
  • さいたま地平13.11.30判決

    《解  説》
     一 本件は、破産宣告を受けたZ会社の代表取締役であったX1、取締役であったX2が、その破産宣告を申し立てたY3において、その申立適格がなく、かつ、Z会社に破産原因もなかったのに、Y3の子で、宗教法人Y1の代表役員であるY2、Z会社の取締役であったY4と共謀して、破産裁判所を欺罔...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:245
  • 大阪高平12.11.21判決

    《解  説》
     一 事故の概要は、海水浴場の波打ち際でエンジンを停止し流されそうになっていた水上ジェットスキーを持主が浜辺に戻そうとした際、水上ジェットスキーが持主の手を離れて無人のまま二〇〇メートル近く暴走し、浜辺にいたX1とX2の頭部等に衝突したというものである。
     そこで、X1とX2が、...

    引用形式で表示 総ページ数:10 開始ページ位置:249
  • 《解  説》
     一 訴外A(大正一五年生)は、平成元年一月、肺腫瘍の疑いがあるため、Yの開設するB病院で精密検査を受けることになったが、主治医であるC医師は、Aに対する腹部CT検査の結果から肝臓の腫瘍が悪性腫瘍の可能性を否定できないと判断した。
     そして、Aは、平成元年三月、B病院に入院し、大...

    引用形式で表示 総ページ数:9 開始ページ位置:258
  • 《解  説》
     一 訴外Aは、平成五年二月ころから平成六年九月ころまで、Y1の経営するB病院に通院して精神疾患の治療を受けていたが、状態が悪化したため、平成六年九月一一日にY2が経営するC病院に入院したところ、入院当日の深夜に同病院の隔離室内で縊首により自殺した。
     そこで、Aの遺族であるXら...

    引用形式で表示 総ページ数:12 開始ページ位置:266
  • 大津地平12.10.16判決

    《解  説》
     一 訴外A(昭和三年生)は、平成六年から脳梗塞症等で脳外科病院に入院し、手術を受けた後一旦退院したが、その後再発したため平成七年暮、Yの経営する「彦根中央病院」に入院し、大部屋(八人部屋)で療養・看護を受けていたところ、平成八年一月四日、精神分裂病で同病院に入院していた同室の訴...

    引用形式で表示 総ページ数:7 開始ページ位置:277
  • 《解  説》
     一 本件は、特許発明の真の発明者と主張するXが冒認出願をして特許権の設定の登録を受けた特許権者Yに対し、当該特許権の移転登録手続を求めた事案であり、その概要は以下のとおりである。
     XはYの代表者である訴外Aから乳癌等で乳房を切除した女性のためのブラジャーの製作を依頼され、本件...

    引用形式で表示 総ページ数:11 開始ページ位置:283
  • 名古屋地平12.10.18判決

    《解  説》
     一1 原告は、自動車部品に関する調査で得たデータを掲載した二種類の書籍を出版したところ(うち一種類は平成五年初版で、平成八年と平成一一年に改訂版が出版されており、もう一種類は平成七年に出版されている。)、被告は、平成一一年、同様に自動車部品に関するデータを掲載した書籍を出版した...

    引用形式で表示 総ページ数:5 開始ページ位置:293
  • 《解  説》
     一 本件は、宅配鮨のフランチャイズ・チェーンを主宰する原告が、同種の宅配鮨店を経営する被告に対し、被告商品の宅配鮨は、原告商品の宅配鮨の形態を模倣したものであり、不正競争防止法二条一項三号所定の不正競争行為にあたると主張して損害賠償を求めるとともに、被告の営業形態は原告のそれを...

    引用形式で表示 総ページ数:4 開始ページ位置:297
  • 名古屋地平13.10.24判決

    《解  説》
     一 事案の概要
     本件は、病のために寝たきりになり徐々に病状が進行している両親を長期間にわたり介護してきた被告人が、両親(当時、父親は七六歳、母親は五九歳)から死にたいと哀願され、また、被告人自身も進行性の病のために歩行困難である上、更に病状が悪化すれば両親を介護することもでき...

    引用形式で表示 総ページ数:2 開始ページ位置:301
判例タイムズ No.1107 では
全32件のコンテンツを購入可能です
バックナンバー